自動車修理を安く済ませる4つの方法

自動車修理は費用がどの程度かかるか誰もが気掛かりでしょう。
自動車修理の費用は、壊れた状態で違ってきます。
傷が少し付いた程度であればあまり高くならなく、1万円未満のような場合もあります。
一方、大きく壊れた場合は、修理費用もその分高くなります。
修理費用は車の車種でも違っており、修理を依頼する業者でも違ってくるため、このような修理の場合はいくら程度というようなはっきりとした相場があるということではありません。
しかし、本音としては可能な限り修理費用は安く済ませたいでしょう。
ここでは、自動車修理を安く済ませる4つの方法についてご紹介しましょう。
自動車修理の費用が気掛かりな場合は、ぜひ参考にしましょう。

見積もりを多く入手する


自動車修理を安く済ませる一つの方法としては、見積もりを多く入手するのがおすすめです。
自動車修理の費用は、実際には基準になるような価格などはありません。
どこで自動車修理をしても同じ費用になると考えている人も多くいるでしょう。
しかし、自動車修理の方法は、業者によって違っています。
また、修理のためのパーツを購入するところが違えば、修理費用が安くなる場合もあります。
このため、自動車修理を安く済ませるためには、見積もりをできるだけ多くの業者から入手して、できるだけ安い業者に依頼しましょう。

リビルトパーツを使う

自動車修理を安く済ませる方法としては、リビルトパーツを使う方法があります。
リビルトパーツと言うとちょっと不安になるかもしれませんが、現在は純正のリビルトパーツが多くあります。
このリビルトパーツは案外とよく使われており、業者によっては得意にしている場合もあり、自動車修理を安く済ませる場合はおすすめです。
そのため、自動車修理を安く済ませるには、リビルトパーツを取り扱っている業者に依頼しましょう。

修理費用が安い業者に依頼する


業者によって自動車修理の費用は違っています。
そのため、自動車修理を安く済ませるためには、修理費用が安い業者に依頼するのがおすすめです。
ここでは、自動車修理の業者ごとの修理の特徴についてご紹介しましょう。

ディーラー

ディーラーの場合は、安心かもしれませんが修理費用が割高になります。
というのは、工賃のレベルが高い、純正の新品のパーツを使う、故障している以外の箇所を修理することがある、ためです。
ディーラーは、メインに交換を行っており、修理をしているのではありません。
というのは、未然にクレームを防止するためです。
また、ディーラーの中には、修理業者に外注していることもあります。
このような場合は、中間マージンがかかるため修理費用が高くなります。

チェーン店

ガソリンスタンドなどのチェーン店に自動車修理を依頼した場合は、ディーラーに比較して修理費用が安くなることが多くあります。
しかし、修理費用は安くなりますが、仕上がりが心配です。
評判などをネットなどで確認してみても、仕上がりがいいというような口コミは少ないようです。
チェーン店の場合は、修理をしっかりするというより、一見するとよく分からないような簡易的な修理を安くサービスするというように考える方がいいでしょう。
仕上がりは気にしなくて、とにかく修理費用を安くしたいのであればチェーン店でもいいでしょう。

修理業者

修理業者の場合は、修理費用が安く、仕上がりもいいところもありますが、修理費用がその分高いところもあり、いろいろです。
そのため、いい修理業者であれば、自動車修理を安く済ませることができるでしょう。
しかし、素人の場合は、いい修理業者かどうか見極めるのが難しいでしょう。
また、中間マージンをかけないために、修理業者に自分で依頼しても安くなるということでは必ずしもありません。
というのは、ほとんどの修理業者は、修理費用を業者と一般の人で分けているためです。
このため、修理業者に依頼しても修理費用は安くならないでしょう。

自分で修理する


自動車修理を安く済ませるためには、自分で修理する方法もあります。
では、自分で自動車修理をする方法はどうなのでしょうか?
自分で自動車修理をすると、確かに修理費用は安くなりますがデメリットがあります。
自分で自動車修理をするデメリットとしては、労力がかかる割には修理が確実に保証されないことが挙げられます。
自分で自動車修理をすると、中途半端な仕上がりになる場合が多くあります。
例えば、補修をタッチペンで行うことは誰でも簡単にできるかもしれませんが、プロの塗装と比較すると仕上がりの違いが明らかにあります。
簡単な修理であればすぐにできるでしょうが、大掛かりな修理の場合は修理機材を用意するために費用がかかることもデメリットになるでしょう。
自動車修理を安く済ませるためには、このように自分で修理する選択肢もありますが、ここでご紹介したようなデメリットが大きいためおすすめではありません。

The following two tabs change content below.

ライター@1031

元国産車メーカーのディーラーサービスマンを経て、現在は埼玉県にて独立。鈑金塗装を中心にカーメンテナンス全般を行っています。修理や取付け交換はもちろん、ユーザー車検の付添いから部品交換の補助なんてことまで幅広く対応しております。

関連記事

  1. カーエアコンが故障?!効かない原因と修理費用

  2. オルタネーターの容量アップとは?

  3. オルタネーター/ダイナモとは?

  4. ターボチャージャーのトラブルシューティング

  5. 自分でオルタネーターを交換するには

  6. リビルト品とリンク品と中古品の違いについて